英语家园

 找回密码
 注册

QQ登录

只需一步,快速开始

搜索

NHK:东芝将投资五千亿日元扩大NAND闪存产能

发布者: 上官飞飞 | 发布时间: 2015-2-10 17:50| 查看数: 1086| 评论数: 0|

日语原文:

大手電機メーカー「東芝」は、スマートフォン用などで需要が高い「フラッシュメモリー」と呼ばれる記憶用半導体の事業で、容量を格段に増やした最先端の製品の量産に向けて、アメリカのメーカーとともに、三重県四日市市の生産拠点に総額5000億円を超える大規模な設備投資に踏み切る方針を固めました。「フラッシュメモリー」は、スマートフォンなどに広く使われ、世界シェア2位の東芝では収益の主要な柱になっています。関係者によりますと、東芝は、この「フラッシュメモリー」の事業で、膨大な情報量を扱うビッグデータ関連の分野などで今後一段と需要が高まるとして、最先端の製品の量産に向け、大規模な設備投資に踏み切る方針を固めました。設備投資は、三重県四日市市で、現在、アメリカのメーカーと共同で生産している拠点を対象に順次行われ、投資額はアメリカ企業と合わせて総額5000億円を超える見通しです。これによって東芝は、大きさを変えずに記憶容量を最大で現在の60倍以上に拡大する最先端の製品を再来年度にも生産を本格化する方針です。円安などを背景に業績の改善が進んでいる電機業界では、今後の競争力強化に向けて、スマートフォン関連など成長分野に対する設備投資の動きが活発になることも予想されます。

参考翻译:

电子制造产业巨头“东芝”为发展广泛应用于智能手机等领域,被称为“闪存”的半导体内存业务,大规模生产容量大幅提升的最尖端产品,决定和美国制造商一起对三重县四日市市的生产基地进行高达5000多亿日元的大规模设备投资。“闪存”被广泛应用于智能手机等领域,对于市场份额居世界第二的东芝来说是主要收益来源。据相关人士介绍,东芝认为,与处理大量信息的大数据相关的领域在今后一段时间将对“闪存”有更高更多的要求,因此决定对此业务进行大规模的设备投资,确保最尖端产品能够大批量生产。目前,东芝与美国制造商在三重县四日市市拥有共同生产的基地,设备投资将在此基地依次进行。目前的投资额加上美国企业的份额预计将超5000亿日元。对此,东芝称目前研发的最尖端产品可在不改变大小的情况下最多将内存容量扩充至目前的60倍以上,该产品计划将在后年正式投入生产。可以预计,由于日元贬值等因素业绩有所改善的各大电子制造商将针对智能手机相关的增长领域进行广泛的设备投资,以提升今后的竞争力。


最新评论

快速回复 返回顶部 返回列表