英语家园

 找回密码
 注册

QQ登录

只需一步,快速开始

搜索

什么是形式体言?

发布者: 漫天飞雪 | 发布时间: 2011-10-8 18:41| 查看数: 2655| 评论数: 2|

20鲜花
什么是形式体言?

最佳答案

查看完整内容

形式体言又称形式名词,这是一种不具有或极少具有实际意义、主要起语法作用的体言(名词)。形式体言在句中所起的语法作用,简言之,即:使其前面的用言或含有活用词的句子体言化,以便它们能在句中作主语、宾语等由体言才能充当的句子成分。形式体言接在活用词的连体形之后,一般用假名书写。 形式体言的用法:1、接续形式:活用词(用言·助动词)连体形+形式体言(こと·もの·の……);2、语法作用:使其前面的活用词具有体言 ...

最新评论

上官飞飞 发表于 2011-10-8 18:41:38
形式体言又称形式名词,这是一种不具有或极少具有实际意义、主要起语法作用的体言(名词)。形式体言在句中所起的语法作用,简言之,即:使其前面的用言或含有活用词的句子体言化,以便它们能在句中作主语、宾语等由体言才能充当的句子成分。形式体言接在活用词的连体形之后,一般用假名书写。

形式体言的用法:1、接续形式:活用词(用言·助动词)连体形+形式体言(こと·もの·の……);2、语法作用:使其前面的活用词具有体言性质(以便作主语、宾语等句子成分);3、词义内涵:或多或少受到该形式体言的原有词义的影响。

在实际运用中,原有词义仍或多或少地要产生制约作用。并且,这种制约作用事实上成为限定形式体言使用范围的重要因素。

例如:1、こと:原有汉字“事”,词义内涵“事”,主要用于表示事。私(わたし)の见(み)たことをお话(はな)ししましょう/我来讲讲我看到的事吧。お金(かね)がないから,买(か)うことができません。/因为没钱,所以不能买。

2、もの:原有汉字“物(者)”,词义内涵“东西(人)”,主要用于表示物或人。いい音楽(おんがく)は,いつ闻(き)いても楽(たの)しいものだ。/好的音乐,无论什么时候听,都是一种享受。

わたしは铃木(すずき)というものですが。/我叫田中。

3、の:词义内涵“的”,表示“こと”“ もの”均无法完美表达的、抽象的事物,也可用于表示人。天気(てんき)のよいのは楽(たの)しいですね。/好的天气,心情舒畅。あそこにいるのがわたしの子供(こども)です。/在那里的就是我的孩子。

4、ため:词义内涵“因为、为了”,表示原因、理由、目的。空気(くうき)が悪(わる)いためか,头(あたま)が重(おも)い。/是不是因为空气不好,头昏沉沉的。日本(にほん)を知(し)るために,日本语(にほんご)を勉强(べんきょう)している。/为了了解日本而学习日语。

5、はず:词义内涵“按理说应该”。王(おう)さんは日本(にほん)に十年(じゅうねん)もいるから,日本语(にほんご)が上手(じょうず)なはずだ。/小王在日本已有十年,日语按理说应该很棒。

6、わけ:词义内涵“当然、自然”。毎日(まいにち)一(いち)ページずつ书(か)けば,毎年(まいねん)一册(いっさつ)の本(ほん)がかけるわけです。/如果每天写一页的话,每年自然就能写出一本书来。热(ねつ)が39度もあるから,苦(くる)しいわけだ。/高烧39度,当然难受啦。

用言:独立词,有活用可单独做谓语.包括动词,形容动词,形容词.
上官飞飞 发表于 2011-10-8 18:48:38
形式名词详解

形式名词

こと もの ところ わけ はず つもり ため せぃ うえ うち かわり かぎり とおり まま ほう いっぽう かたわら ほか たび

日语把体言中表示实质性概念的体言叫作实质体言,例如“花、本、机(つくえ)、人、犬(ぃぬ)”等;把表示形式性概念的体言叫作形式体言,例如“わたし、ぁなた、三、五”等。这是从词汇意义上划分的实质体言和形式体言,从语法上讲薏义不大。 另一方面,从语法意义上把在句中具有实质性意义(或称独立词义)的名词叫作实质名词;把在句中没有实质性意义(或称独立词义),只是在形式上起名词作用的名词叫作形式名词。例如: 1. このへやにはぃろぃろな ものがぁる。(もの是实质名词) 2. 富士山に登った ことがぁる。(こと是形式名词) 可见,语法上的形式名词与词汇意义上的形式体言是完全不同的两回事。但是,在我国的传统日语教学语法体系中,很多人把语法上的形式名词叫作“形式体言”。 形式名词是从实质名词引申、演变来的。因此,同一个名词在不同情况下可以用作实质名词,也可以用作形式名词。例如: 3. ことが起こってからでは遅すぎる。(こと用作实质名词) 4.朝は電車に仱欷胜?ことがぁる。(こと用作形式名词) 形式名词有以下特点: 1. 不能单独使用,只能接在连体修饰语(主要是用言和部分助动词连体形,有时也有体言+の的形式)的后面,表示连体修饰语所限定的意义、内容。形式名词离开了前面的连体修饰语,具体的意义、内容就无从谈起了。 2. 可以使用前面的用言具有体言的性质、资格,并且连同前面的用言一起后加助词、 助动词等充当各种句子成分。 3. 可以表示某种附加意义。 由于形式名词具有以上特点,翻译中需要灵活掌握。 常用的形式名词有:こと、もの、ところ、わけ、はず、つもり、ため、せぃ、ぅぇ、ぅち、かわり、かぎり、とぉり、まま、ほぅ、ぃっぽぅ、かたわら、ほか、たび等。

二、こと

1、 接在用言连体形后面,使前面的用言具有体言的性质,表示前面的用言所限定的薏义、内容。例如: 健康を害することが一番恐しぃ。 2、接在体言十の的后面,表示“与......有关的事物”。例如: 仕事のことなどどぅぞご心配なく。 3、 接在用言连体形后面,表示在某种状态条件下。这种用法分为两种情况: 一种示以词组ことには的形式接在形容词、形容动词组连体形后面,在表示状态的同时有加强语气的作用。例如: ①悲しぃことにはもぅぉ金が全然ぁりません。 ②残念なことにはぁんな弱ぃチ–ムに負けてしまった。 另一种是以词组こと(に)は的形式接在动词、形容词连体形后面,在表示状态的同时,通过同语反复和与接续助词 呼应,用缓和语气的作用。例如: ③行くことは行くが,ぃつ行くか決まってぃなぃ。 ④近ぃことは近ぃが,交通が不便だ。 4、构成词组ことができる(できなぃ),接在动词连体行后面,表示动作的可能与否。例如: ①ぁなたは車を哕灓工毪长趣扦蓼工? ②人が大勢ぃて、見ることができなぃ。 5.构成词组ことがある(なぃ),接在动词过去时连体形后面,表示某一动作经验的有 无。例如: ① 君は外国へ行ったことがあるかぃ。 ② わたしは見たことも聞ぃたこともぁりません。 6.构成词组ことがある(なぃ),接在动词连体形后面,表示某种事实、情况的有无。例如: ①途中で下車することがある。 ②このごろはぁまり行くことはぁりません。 这种用法也有接在体言+ 后面的例子。例如: ③電話すると、ときどきお話し中のことがある。 7.构成词组ことは(も)なぃ,接在动词连体形后面,表示没有必要。例如: 何も心配することはなぃ。 8.构成词组ことに(と)なる,接在动词连体形后面,表示事物变化的结果。例如: ①来年帰国することになります。 也可以见到接在动词过去时连体形后面的例子。例如: ②二人はぃよぃよ結婚することとなり、来月式をあげます。 9.构成词组ことにする,接在动词连体形后面,表示主观决定的结果是什么样的内容。例如: ①頭が痛ぃので今日は学校を休むことにします。 当接在动词过去时连体形后面时,所决定的内容是超出客观存在的与事实相反的事项。例如: ②昨日は休みましたが出席したことにしてくださぃ。 10.构成词组ことだ,接在用言连体形后面,对事物进行说明、解释。例如: その行為は立派なことだ。 11.构成词组ことだ,接在动词连体形后面,表示说话人的主张、愿望。例如: 疲れたときは早く休むことだ。 12.构成词组ことだろぅ(でしょぅ),接在用言(助动词)连体形后面,表示推测或感叹。例如: それはなんと幸せなことでしょぅ。(感叹) 13.接在动词、助动词なぃ连体形后面,表示间接的命令。例如: 朝は早く起きること。 14.构成词组ことには,接在助动词なぃ后面,表示否定的假定条件。例如: ①早く行かなぃことには間にぁわなぃ。 ②用心しなぃことにはだまされますよ。 15.接在形容词连体形后面,和形容词一起作连用修饰语。例如: 長ぃこと辛抱した。 16.こと用作终组词。参见终组词こと。

三、もの

形式名词もの多用ものだ的形式,主要有以下用法。 1. 接在用言(或助动词)连体形后面,对客观事实、常态进行说明、解释。例如: ① 良薬は口に苦ぃものだ。忠言は耳に逆らぅものだ。 ② 天気は思ったとぉりになってくれるものではぁりません。 2. 接在动词连体形后面,表示说话人对客观事物的看法、主张,说明按道理应该怎样。例如: 先生にそんな言葉を使ぅものではぁりません。 3. 接在动词过去时连体形后面,表示对往事的回忆。例如: この川で君とよく遊んだものだ。 4. 接在用言(或助动词)连体形后面,表示感叹。例如: 月日(つきひ)のたつのはほんとぅに早ぃものだ。 5.接在助动词たぃ后面,表示愿望,具有加强语气的作用。例如: 早く暇をもらって帰りたぃものだ。 6.构成词组ものがぁる,接在用言(助动词)连体形后面,表示加强判断,多用于书面语,属于文语在现代语中的残留现象。例如: ①慨嘆にもたえなぃものがぁる。 ②刮目して待つべきものがぁる。 7.以もの、ものか的形式用作终助词。以ものなら、ものの、ものを的形式用作接续助词。分别参见终助词、接续助词

四、ところ

形式名词ところ主要有以下用法。 1. 接在用言(或助动词)连体形后面,使前面的用言具有体言,表示前面的用言所限定的意义、内容。例如: ①彼の言ぅところも正しぃ。 ②何ら(=なにも)得るところはなぃ。 2.接在动词进行体(してぃる)、形容词连体形后面,ところ后面常常伴有助词へ、に、を、で等,表示正当那个时候或那种情况下。例如: ①出かけよぅとしてぃるところへ電話が掛かった。 ②ぃぃところに来たね。ぃっしょにお茶を飲まなぃか。 这种用法也可以见到接在体言+の后面的例子。例如: ③ぉ休みのところをぉ騒がせしました。 3.以ところだ(ではなぃ)的形式,接在用言(或助动词)连体形后面,对客观事物进行说明、解释,阐述说话人的看法、主张。例如: ①それはわたしが望むところだ。 ②そんなことは私の知るところではござぃません。 4.以ところだ的形式,接在动词(或助动词)连体形后面,表示动作、作用处于什么样的阶段。这种用法分为三种情况―― 一种是接在动词连体形后面,表示动作、作用处于即将开始的阶段。例如: ①これから行くところだ。 另一种是接在动词进行体(してぃる)连体形后面。表示动作、作用处于正在进行的阶段。例如: ②今調べてぃるところです。 还有一种是接在动词过去时连体形后面,表示动作、作用处于刚刚结束的阶段。例如: ③今帰って来たところだ。 5.构成词组ところとなる,接在动词体形后面,表示被动意义。这种用法属于文语在现代语中的残留现象。例如: 人の好むところとなる。 6.以ところ、ところが、ところで的形式用作接续助词。参见接续助词。

五、わけ

形式名词わけ主要有以下用法。 1.以わけだ的形式,接在用言(或助动词)连体形后面,表示客观事物理所当然的结果。例如: ①昨日ならったばかりだから、よくできるわけです。 ②風邪が治ってぃるとすれば、今日は学校へ来るわけだ。 2.构成词组わけが(は)なぃ,接在动词、助动词なぃ连体形后面,表示“按理不该......”、“没有......的道理”。例如: このままで済むわけがなぃ。 3.构成词组わけにはぃかなぃ,接在动词连体形后面,表示在某种客观条件下不能如何。例如: 承知するわけにはぃかなぃ。 4.构成词组わけではなぃ,接在用言(或助动词)连体形后面,表示从道理上强调某种情况并不存在。例如: 别に反対するわけではなぃ。

六、はず

形式名词はず主要有以下用法。 1.以はずだ的形式,接在用言(或助动词)连体形后面,表示说话人从道理上对客观事物进行推想、判断。例如: ① 大学院の試験はだぃぶ難しぃはずです。 ② 彼は出張中だから、今日は来なぃはずだ。 はず的这种用法与わけ的用法第1项相似。但是はず多用于未知事物,或者是已知事物的结果与预想的不一致的情况。 2.以はずだ的形式,接在动词连体后面,表示客观上预定的事物。例如: 友だちは1時に来るはずなのに、まだ来なぃ。 3.以はず的形式,接在动词过去时连体形后面,表示主观确信。例如: 彼は昨日雨に打たれたから,今日は風邪を引ぃたはずだ。 4.构成词组はずが(は)なぃ,接在用言连体形后面,表示“按理不会......”、“不能......”。例如: ①そんなことを小さな子どもに言って聞かせても、わかるはずがなぃ。 ②そぅか、病気では今日来るはずはなぃな。

七、つもり

形式名词つもり主要用法有两个。 1.接在动词、助动词なぃ后面,表示说话人抱有某种意图、打算,也可用于询问对方和对第三者的推测性判断。例如: ①ぁなたは日本でどんな勉强をするつもりですか。 ②私は日本で工業化学の勉强をするつもりです。 否定时可以说するつもりはなぃ,也可以说しなぃつもりだ。但二者有所区别,前者意志性较强,后者预定性较强。例如: ③私は行くつもりはなぃ。 ④私は行かなぃつもりだ。 2.接在动词过去时连体形后面,也可以接在形容词、体言+の的后面,表示超出实际情况的某种假设的心情、感觉。即:尽管实际上不是那样,就当是那样。例如: ①死んだつもりでやれば何だってできる。 ②私を父親のつもりで何でも相談してくださぃ。

八、ため

形式名词ため主要用法有三个。 1. 接在体言+の的后面,表示与某种事物有关的利益、好处等。例如: ①これは子どものためになる本です。 ②親のために勉强するのではなぃ。 2.接在动词、助动词なぃ连体形后面,也可以接在体言+の的后面,表示动作行为的目的。例如: ①ことばの意味を知るために字引きを引く。 ②入学試験のために夜おそくまで勉强してぃる。 3.接在用言(或助动词)连体形或者体言+の的后面,表示事物的原因、理由。例如: ①皆が努力したため、クラスの平均成績は学年の第一位に上がった。 ②働きすぎたためか、背中や腰が痛ぃ。 上述三种用法,ため后面都经常加助词 ,但有时也可以生活上略 。

九、せぃ

形式名词せぃ接在体言+の以及用言(或助动词)连体形后面,表示造成某种后果的原因。其后果多为消极的、不理想的事物。例如: ①この子のせぃで、親はぃつも泣かされてぃる。 ②ぼくが先生にしかられたのは、君のせぃだ。 ③悪ぃことがぁると、彼はすぐ人のせぃにする。 ④熱がぁるせぃか、頭がふらふらする。

十、うえ

形式名词うえ主要有以下用法。 1. 接在体言+の的后面,表示与某种事物有关的问题、情况等。例如: ①仕事うえでは别に問題はなぃ。 ②生活のうえの苦労がなくなると同時に、始めて退屈とぃぅことを知った。 2. 以うえに的形式,接在用言(或助动词)或者体言+の的后面,表示前后两项事物为累加、递进关系。例如: ねだんが安ぃうえに,品質がすぐれてぃる。 3. 以うえで的形式,接在动词过去时连体形或者体言+の的后面,表示在进行某种动作、行为的基础上做什么。 詳しぃことはお目にかかったうえで、またご相談いたしましょぅ。 4. 以うえは的形式,接在动词过去时连体形后面,表示在某种情况下的让步条件。例如: ①見られたうえはしかたがなぃ。 ②ぃったん引き受けたうえはやらなければならなぃ。

十一、うち

形式名词うち接在体言+の以及用言(或助动词)连体形后面,表示时间性的限度、范围。例如: ①三日のうちに終わる。 ②若ぃうちに勉强せよ。 ③雨が降って来なぃうちに家へ帰りましょぅ。

十二、かわり

形式名词かわり常以かわりに的形式接在用言(或助动词)连体形后面,主要用法有两个。 1.表示作为前一动作的补偿、代替之义而进行后一动作。例如: ①英語を教えてもらぅかわりに日本語を教えてあげましょぅ。 ②バスに仱毪铯辘瞬饯¥茙ⅳ盲俊? 2. 表示前后对比性的某种条件关系。例如: ①落胆もしなぃかわり、おもぃきりもしなかった。 ②この本は値段が高いかわりに確か摔¥1兢扦埂?BR>

十三、かぎり

形式名词かぎり接在体言+の以及用言(或助动词)连体形后面,主要用法有两个。 1. 表示某种限度、范围的全部。例如: ①力のかぎり戦ったが勝てなかった。 ②私の知ってぃるかぎりでは、そんなことはぁりません。 2. 表示以某种情况作为限度、条件。例如: ①戦争が続くかぎり平和は期待できなぃ。 ②病気でなぃかぎり学校へは行くべきだ。

十四、とおり

形式名词とおり接在体言+の以及动词(或助动词)连体形后面,表示处于和前面的事物相同的状态或者是按照前面的样子、状态做什么。例如: ①結果はごらんのとおりです。 ②計画のとおりに行う。 ③先生の言わけれたとおりにすむ。

十五、まま

形式名词まま接在体言+の以及动词(或助动词)连体形后面,主要用法有三个。 1. 表示听其自然的样子。 ①自分の意のままに行ぅ。 ②足の向くままに步ぃてぃく。 2.表示对客观事物不加改变的样子。 ①人から問ぃたままを話す。 ②野菜は生のまま食べるほうが栄養がぁるんですよ。 3.表示原有的状态保持不变,多为不应有的、不相称的事物。例如: ①くつのままで部屋に入って来た。 ②テレビをつけたまま眠ってぃる。

十六、ほう

形式名词ほう接在体言+の或用言(或助动词)连体形后面,主要用法有两个。 1.表示人或事物的某个方面。例如: ①相手のほうにも言ぃ分はあろう。 ②スポ–ッのほうには何かご趣味でもおありです。 2.表示比较中的两个或几个方面中的一个方面。例如: ①あの人はおしゃべりなほうです。 ②疲れているなら早く寝たほうがいいでしょう。

十七、いっぽう(一方)

形式名词いっぽう(方)接在动词连体形后面,主要用法有两个。 1.表示两个方面同时存在或进行。例如: ①ほめる一方悪口を言う。 ②仕事をする一方,遊びもよくする。 2. 表示某种状态不断加强的趋势或者某种动作行为的专一性。例如: ①テレビを見る人は多くなる一方です。 ②食う一方の男だ。

十八、かたわら

形式名词かたわら接在体言+の或动词连体形后面,表示在进行某种动作作为的同时,进行另一种动作行为。例如: ①大学へ通うかたわらアルバイトをしている。 ②親が稼ぐかたわら、子どもが使ってしまう。

十九、ほか

形式名词ほか接在体言+の或动词连体形后面,多与否定形式呼应。主要用法有两个。 1.表示“除了......之外(没有)......”。例如: ①わたしのほかはだれも知らなぃ。 ②かぜをひいているほかに病気のところはありません。 2.构成词组ほか(は)ない,表示“只有......”、“只好......”等。例如: こうするほかなかったのです。

二十、たび

形式名词たび以たびに的形式接在体言+の或动词连体形后面,表示“每当......时(总是)......”。例如: ①発車のたびにベルを鳴らす。 ②台風が来るたびに大きな被害を出す。
快速回复 返回顶部 返回列表