英语家园

 找回密码
 注册

QQ登录

只需一步,快速开始

搜索

第17課天気予報

发布者: 上官飞飞 | 发布时间: 2007-7-2 17:42| 查看数: 2303| 评论数: 0|



注: 16-17课

录音



下载地址:http://www.lwlm.com/bzrj/sj117.mp3







(1)江戸時代にも天気予報があって、幕府の役人が、翌日の天気を予報していたそうだ。気象観測の技術など、ほとんど無かった時代のことだから、当然、正確な予報はできない。それなのに、予報が外れると、担当の役人は厳しく責任が追及された。

   そこで、役人は責任を逃げれるために、毎日、「明日は雨が降る天気ではない」と言う予報を出していたそうだ。この予報は、「雨が降る」を「天気」に係る言葉だと考えれば、「明日は雨が降らない」と言う意味になる。ところが、「明日は雨が降る、天気ではない」と途中で文を区切れば、逆に「明日は雨が降る」と言う意味になる。句読点が無ければ、どてらにも読み取れる文なのである。したがって、翌日がどんな天気になっても、「雨が降る天気ではない」と予報しておけば、絶対に外れる心配は無いと言うわけである。

   これなら、確かに責任を追及されずに済む。うまいことを考えたものだと思うが、これはたぶん作り話だろう。

現代では、もちろんこんないい加減な予報は考えられない。それでも以前は、天気予報といえば、足らないものの代表のように言われていたものだ。「天気予報を信じたばかりにひどい目に遭った」と言う苦情が気象庁に殺到することもあった。余り予報が外れるので、「江戸時代のほうが良かった」と思う予報官もいたことだろう。

   しかし、最近、天気予報についての苦情はそれほど聞かれなくなった。気象観測の技術が発達して、予報が正確になったからである。レーダーで、雲の動きを正確に捉えることができるようになったし、地域の気象を自動的に観測する施設も、全国に整備された。

   そして、それらが観測した情報を、コンピューターで分析して、即座に気象の変化を予報できるようになった。さらに、気象衛星によって、レーダーで捉えられない広い範囲の気象も把握できるようになり、天気予報の制度は、ますます高くなった。

   自然が相手だから、100%的中させるわけには行かないが、江戸時代の役人には想像もできない進歩であることは、間違いない。

(2)アナウンサー:天気予報をお知らせいたします。今日の東京地方は、北西の風。晴れのち雨。午前9時から午後3時までの間に、1ミリ以上の雨が降る確率は、90%です。台風17号の影響で、夕方から夜にかけて、風雨が強くなる見込みです。ご注意ください。

   奥さん:あら、たいへん。あなた、夕方から雨がひどくなるらしいから、傘を持っていって。

   田中:え、雨が振るって。でも、こんなにいい天気だよ。雨なんか降りそうにないけどなあ。

   奥さん:だって、今、テレビの天気予報で言ってたのよ。台風の影響で、強い雨が降るんですって。

   田中:ふうん、そうか。最近の天気予報は当たるからな。じゃあ、傘を持っていくことにしよう。



词汇

予報 (よほう) (0) [名] 预报

幕府 (ばくふ) (1) [名] 幕府

役人 (やくにん) (0) [名] 官吏,官员

翌日 (よくじつ) (0) [名] 次日,翌日

気象 (きしょう) (0) [名] 气象

それなのに (3) [词组] 尽管这样

外れる (はずれる) (0) [动2] 不准

担当 (たんとう) (0) [名] 担任

追及する (ついきゅする) (0) [名] 追究,追查

逃れる (のがれる) (3) [动2] 逃避

係る (かかる) (2) [动1] 修饰,关联

句読点 (くとうてん) (2) [名] 句号,逗号

読み取る (よみとる) (3) [动1] 理解

したがって (0) [接续] 因此

絶対に (ぜったいに) (0) [副] 绝对

これなら (3) [词组] 这样一来

作り話 (つくりばなし) (4) [名] 编出来的话

いいかげんだ (0) [形动] 靠不住,敷衍

それでも (3) [接续] 即便如此

苦情 (くじょう) (0) [名] 意见

気象庁 (きしょうちょう) (2) [名] 气象厅

殺到する (さっとうする) (0) [动3] 涌向,蜂拥而至

予報官 (よほうかん) (2) [名] 预报员

レーダー (1) [名] 雷达

とらえる (3) [动2] 捕捉

地域 (ちいき) (1) [名] 地区,区域

自動的だ (じどうてきだ) (0) [形动] 自动

即座に (そくざに) (1) [副] 立即

変化 (へんか) (1) [名] 变化

衛星 (えいせい) (1) [名] 卫星

範囲 (はんい) (1) [名] 范围

把握する (はあくする) (0) [动3] 掌握

精度 (せいど) (1) [名] 精确度

100% (ひゃくパーセント) (5) [名] 百分之百

的中する (てきちゅする) (0) [动3] 命中,准确

知らせる (しらせる) (0) [动2] 广播,通知

北西 (ほくせい) (0) [名] 西北

確率 (かくりつ) (0) [名] 概率

風雨 (ふうう) (1) [名] 风雨

見込み (みこみ) (0) [名] 预料,估计

え [感] 哦

こんなに (0) [副] 这样,这么

だって (1) [接续] 可是

ふうん [感] 噢

…ずに済む (ずにすむ) …たばかりに,… ~官 (かん)

~% (パーセント) …心配はない (しんぱいはない)

…たものだ …わけにはいかない …そうにない

词汇Ⅱ

追う (おう) (0) [动1] 追

恐れ (おそれ) (3) [名] 担心,畏惧

可能性 (かのうせい) (0) [名] 可能性

到着 (とうちゃく) (0) [名] 到达

落第する (らくだいする) (0) [动3] 不及格

ロープ (1) [名] 绳索

切れる (きれる) (2) [动2] 断

正直だ (しょうじきだ) (3) [形动] 老实,正直

医師 (いし) (1) [名] 医生

小説家 (しょうせつか) (0) [名] 小说家

作家 (さっか) (0) [名] 作家

ウエーター (2) [名] (餐厅等的) 男服务员

ウエートレス (2) [名] (餐厅等的) 女服务员

コック (1) [名] 厨师

運転手 (うんてんしゅ) (3) [名] 司机

警察官 (けいさつかん) (4) [名] 警察

消防士 (しょうぼうし) (3) [名] 消防队员

俳優 (はいゆう) (0) [名] 演员



课 程 译 文

第 17 课 天气预报

(1)

据说江户时代也有天气预报,由幕府里的官吏预报第二天的天气。那是个几乎没有观测气象技术的时代,当然无法正确预报。尽管如此,如果预报得不准,还要严厉追究负责预报的官吏的责任。

于是,听说官吏为了逃避责任,每天都发出"XXXXXXXX"的预报。如果把这个预报中的"XXXX"看作是"XXX"的修饰语,那就是"明天不下雨"的意思。可是,如果把句子从中间断开,成了"XXXXXXXX。(明天下雨,天气不好)"则意思正好相反。如果没有标点符号,这句话可以两面理解。所以,不论明天天气如何,只要预报"XXXXXXXX"。就绝对不用担心预报不准了。

这样一来确实可以逃避被追究责任而了事。主意实在高明。不过,这大概是杜撰的故事吧。

现代,这种敷衍了事的天气预报当然是不能想像的。即便如此,提起天气预报,以前人们把它当作不准确的代名词。有时,"就因信了天气预报才吃了大亏"的意见大量涌向气象厅,由于预报常常不准,恐怕有的预报员会觉得"宁可在江户时代当预报员的好。"

不过,最近不大听到对天气预报的意见了。因为气象观测的技术发达了,预报也准确了。现在可以用雷达正确地捕捉云层的动向,全国都配有自动观测各区域天气的设施。

而且还能用电子计算机对观测到的资料进行分析,立即预报气象变化。更先进的是通过气象卫星可以掌握雷达捕捉不到的大范围气象情况,使天气预报的精确度越来越高。

由于天气预报是以自然为对象,所以不可能百分之百的难确。但是,毫无疑问,现在的进步是江户时代的官吏所无法想像的。

(2)

播音员:现在播送天气预报。今天东京地区风向西北,晴转雨。上午9时至下午3时之间,降雨量达二毫米以上的 概率为90%。受17号台风影响,傍晚至夜里风雨有可能加大,请听众注意。

夫人:哎呀,糟糕!从傍晚起好像要下大雨,你带伞去吧!

田中:哦,要下雨?你瞧,天气不是挺好嘛。不像要下雨呀。

夫人:可这是电视天气预报刚说的啊。说是受台风的影响,要下大雨呢。

田中:嗅,是吗了最近的天气预报挺难的,;那我就带伞去吧!



文法:

1、…心配は無い

   彼は道を間違える心配はありません。

   列車は遅れる心配はありません。

2….ずに済む

   注意されずに済みました。

   道に迷わずに済みました。

3、…たものだ

   以前、よく兄と喧嘩して、父に叱られたものだ。

   毎日10キロ以上歩いて学校に通ったものだ。

4、…たばかりに…

   私が遊びに連れて行ったばかりに、事故に遭ったしまった。

   私が教えたばかりに、却って混乱を起こしてしまった。

5、…わけにはいかない

   本当のことを話せるわけにはいきません。

   先生に手伝ってもらえるわけにはいきません。

6、…そうにない

   明日までに宿題ができそうにない。

   会議は始まりそうにない。 言葉の使用の仕方:

1、~のことだから…:彼のことだから、心配しなくてもきって試験に合格します。

2、句読点:王さんは本を持って、立っている張さんの前に座った。

王さんは、本を持って立っている張さんの前に座った。

3、どちらにも:あの人は、東京都大阪のどちらにも家を持っている。

4、したがって:品は上等。したがって、値段も高い。

5、…というわけである:翌日がどんな天気になっても、「雨が降る天気ではない」と予報しておけば、絶対にはすれる心配は無いというわけである。

6、それでも:私は友達に何度も謝った。それでも友達は許してくれなかった。

7、ひどい目に遭う:あなたは何かひどい目に遭ったことがありますか。

8、~は間違いない:将来、中国の工場で、もっと機械化が進むのは間違いない。

9、…見込みだ:海外旅行に出かける日本人は、ますます増える見込みです。

10、ふうん(粗鲁地随声附和时)、そうか(=そうですか)

11、ことにしよう:余りお金が無いから、安い方の靴を買うことにしよう。

12、職業について言葉:バイロット、スチュワーデス、教師、医師、看護婦、小説家、作家、画家、アナワンさー、ウェーター、ウェートレス、コック、運転手、警察官、消防士、俳優、歌手

[ 本帖最后由 xinyuegegegood 于 2007-7-9 03:10 编辑 ]

最新评论

快速回复 返回顶部 返回列表