英语家园

 找回密码
 注册

QQ登录

只需一步,快速开始

搜索

NHK:新汽车驾驶死伤行为处罚法今起施行

发布者: 上官飞飞 | 发布时间: 2015-3-7 19:47| 查看数: 769| 评论数: 0|

日语原文:

悪質な運転による人身事故の罰則を強化する法律が今日施行され、罰則の対象になる行為や刑の重さが大きく変わります。施行されたのは「自動車運転死傷行為処罰法」で、交通事故の遺族などから危険運転致死傷罪の適用の条件が厳しすぎるなどという批判の声を受けて成立しました。これまでの「危険運転致死傷罪」は刑の上限が懲役20年で、「酒や薬物の影響で正常な運転が困難な状態だった」ことを証明する必要があり、それ以外は、上限が懲役7年の「自動車運転過失致死傷罪」が適用されていました。この2つの規定の中間に「酒や薬物、特定の病気によって正常な運転に支障が生じるおそれがある状態だった」という適用の条件が比較的緩やかな「危険運転致死傷罪」の規定が新たに設けられ、刑の上限は懲役15年となります。また、酒や薬物の影響で人身事故を起こしたあとに逃走したりして発覚を免れようとする、いわゆる「逃げ得」を許さないために、こうした行為を罰する「発覚免脱罪」が新たに設けられました。現場から逃げた場合は、従来のひき逃げの罪と合わせて刑の上限は懲役18年に引き上げられました。

参考翻译:

新的汽车驾驶死伤行为处罚法今日施行。其加强了对恶性驾驶所导致的伤亡事故的处罚力度,触犯惩罚条例的行为和量刑皆有重大变化。今日施行的新的“汽车驾驶死伤行为处罚法”,正是在接受了交通事故家属“危险驾驶致死伤罪的适用条件过于严厉”意见的基础上,改进之后新颁布的。迄今为止的“危险驾驶致死伤罪”的量刑上限是20年徒刑,需证明“在酒和药物影响下无法正常驾驶”。除此之外的适用于处罚上限7年的“汽车驾驶过失致死伤罪”。这两项规定之间,“危险驾驶致死伤罪”增加了相对缓和的新规章,在“由于酒和药物,特定疾病所致可能无法正常驾驶”情况下,量刑上限定为15年徒刑。并且,为了严惩在酒和药物影响下造成人身伤亡事故后逃逸想要脱罪的行为,也就是“畏罪逃逸”,新设了“发觉免脱罪”。在从肇事现场逃逸的情况下,与以往的肇事逃逸罪合计,最高处以18年徒刑。


最新评论

快速回复 返回顶部 返回列表